学校のクラスTシャツやクラブチームTシャツ、イベント用Tシャツなど、オリジナルデザインのTシャツを着た経験のある方も多いでしょう。それらを作ろうと思った時、どのようにすればよいのかを説明していきます。少ない枚数であれば自作することも可能です。専用用紙にプリンターで印刷したものをアイロンで熱転写するのが一番手軽な方法ですが、ほかにも型抜きをしてシルクスクリーンを作る方法などいろいろな方法で手作業することが可能です。が、こちらでは業者に依頼する場合について書いていきます。業者に依頼する場合、作る枚数が多い方が単価は安くなる、というのはだいたいみなさん想像がつくでしょう。ある程度の枚数がないとやってもらえないと思っている方もいるかもしれません。しかし業者によっては1枚から作ってくれるところもあります。もちろん割高にはなりますが、自分だけのTシャツを作ることも可能なのです。

オリジナルデザインでTシャツをプリントするのにかかる費用

オリジナルのTシャツを業者に依頼して作る場合、一般的に用いられるのはシルクスクリーンというプリント方法です。色ごとに版をつくり、重ねてプリントしていくことでデザインを完成させます。何枚プリントするにしても一色につきひとつ版が必要となりますので、その製版代の分、枚数が少なければ割高に、枚数が多くなれば割安になるわけです。料金は使うTシャツの値段、印刷枚数、印刷箇所やサイズ、色数によって変わってきます。どんな生地のTシャツを使うのか、プリントは前だけなのか前後両方なのか、何色使ったデザインにするのかなど、予算と用途に合わせて考えてみましょう。また、シルクスクリーン以外にもプリント方法はありますので、仕上がりのイメージなど業者の方に相談してみるのもいいでしょう。例えば、写真などをデザインにしたい場合はシルクスクリーンでも難しいので、フルカラーの熱転写プリントなど別の方法になります。

自分でデザインできなければ依頼することも可能

オリジナルのTシャツを作るのに必要になるのはもちろんデザインです。自分でパソコンを使って完全なデザインをつくりデータ入稿できれば問題ありませんが、自分でそこまでできなくてもTシャツを作ることはできます。業者さんに文字入れをお願いしたり、ラフ画からきちんとしたものを作成してもらったり、あるいは完全にデザイン作成からお願いしたりすることも可能です。もちろんそれに対して料金は発生しますので、安く仕上げようと思えば自分で全て作ることです。が、プロにお願いすればよりデザイン性の高いものが仕上がるでしょう。また、お金をかけてもクオリティーの高いものを作りたいという場合は、特殊なインクを使用したり、刺繍を入れたりなど、いろいろなオプションがある業者もありますので、相談してみると良いでしょう。他とは一線を画したオリジナルのTシャツを作ってみるのもいいかもしれません。

オリジナルのスウェットやエプロンも取り扱っています。 見積り、製版、プリントまで一貫して行っています。 見積りを担当したスタッフが、制作完了まで責任をもって対応します。 直接店舗に来店してオリジナルTシャツ作成の相談も可能です。 プロの職人であるベテランの職員が、1枚1枚魂をこめてプリントしています。 どのシーンにも活躍できる定番商品「ヘビーウエイトTシャツ085-CVT」が大変人気です。 クラスTなどTシャツのオリジナル制作ならINFACTORY