文化祭などの学校のイベントで、クラスみんなで着ることができるオリジナルのTシャツを作成しようと考えるケースは非常に多いです。オリジナルのTシャツを作ることでクラスの団結を強めることができる他、同じクラスの人以外からみても一目で同じ団体とわかるため、それによってクラスの一体感をアピールすることも可能です。近年オリジナルのTシャツは様々な方法で手軽に作ることが出来るようになりました。スマートフォンのアプリを取るだけで簡単に作製することもできるようになったのです。しかしながら、文化祭などで着用したい場合、学生であるためオリジナルのTシャツの作製にかける費用はあまり多くかけられないという場合が多いです。そのため費用を抑えながら作製することが大きなポイントとなるでしょう。

Tシャツをオリジナルで作る簡単な方法とは

文化祭などで初めてオリジナルのTシャツを作製したいと考えた場合、どのように作製したらよいのかわからず悩んでしまう人も多いでしょう。一番手間をかけずに作る方法としては、インターネットで業者にプリントの依頼をかけることです。この方法であれば、業者を訪問する必要もなく、インターネットでTシャツやデザインを選ぶだけで、完成したTシャツを配送してもらうことが可能です。オリジナルのロゴを入れる場合でもデータさえあれば入れることができます。また文字を入れたい場合も字体も様々な種類から選ぶことができるため、オリジナルの文字を入れるだけでも、十分に見栄えのするオリジナルデザインのTシャツとなります。また一クラス分であれば、1枚当りの金額を多少抑えることができる場合もありますが、少ない枚数だと金額が高くなってしまう場合もあるため事前に確認することが大切です。

価格を抑えながらオリジナルのTシャツを作る方法とは

文化祭などで着るオリジナルのTシャツを作る場合、業者にプリントを依頼することでクオリティの高いものを作ることができますが、どうしても価格が高くなりがちです。学生が作成する場合は予算が決まっていることが多いため、予算をオーバーしてしまいそうな時は、価格を抑えながらオリジナルのTシャツを作ることをおすすめします。価格を抑えられる作製方法としては、デザインを作成した後に、一般的なプリンターでアイロンプリントペーパーに印刷をかけてアイロンでTシャツに貼り付ける方法です。これで簡単に人とは違うTシャツを作ることができます。多少の手間はかかるものの、安いTシャツを使うことで、1枚1000円前後で作ることができるため、予算が決まっている場合には非常におすすめの作製方法です。