オリジナルTシャツを作る、というとどんな場面を想像するでしょうか。何かのイベントをする時、学校などでクラスの団結力を高めたい時など、大人数で何かをする時に作りたいと思うのではないでしょうか。オリジナルと聞くと、身構えてしまう人もいるかもしれません。確かにテレビなどで大きなイベントをする時、Tシャツを作成して販売する事もあります。しかし、何もそれと同じにしなくてはオリジナルTシャツではないというわけではありません。市販品でないものがオリジナルになるわけですから、どんなものでも大丈夫なのです。この記事を読んだあとには、必ずオリジナルTシャツに興味が出てくるはずです。むしろ、大人数で何かをする時でなくても、オリジナルデザインを考えてTシャツを作ろうと思える程になっている筈です。

オリジナルTシャツを作るのは実は簡単です

オリジナルTシャツと聞くと身構えてしまう人は、きっとデザインを考えるのが苦手だったり、絵が苦手だったりする人でしょう。しかし、よく考えてみてください。オリジナルという事は、市販品で無ければすべてオリジナルです。つまり、まっさらなTシャツを購入して何か一つでも文字や絵を描けば、それだけでオリジナルTシャツになってしまうのです。これで、オリジナルTシャツへのハードルはかなり下がりましたね。では実際に何をデザインするかという事が問題です。自分でデザイン出来る人はそれを活かしてみましょう。できない人も、問題ありません。好きな文字などを用いて作る事も可能です。白いTシャツを買って自分で染めるだけでも、それはオリジナルTシャツになってしまうのです。それでは、実際に作っていく方法についてお話していきましょう。

オリジナルTシャツの作り方と注意点

オリジナルTシャツを作るには、自分で作成する方法と業者に依頼する方法があります。業者に依頼すると、綺麗に仕上がりますが費用が高くなりがちです。色使いやデザインの大きさによっては、かなり高いと感じるかもしれません。一方、自分で作成する場合は、費用を抑える事が可能です。もちろん、自分で作るので手間はかかります。失敗するリスクも伴います。しかし、作り上げた時の達成感はひとしおです。自作すれば、どんな色使いをしようが、どれだけ大きなデザインをプリントしようが、自由自在です。枚数が多い場合にはおすすめしませんが、数枚で在れば自作するのがいいかもしれません。専用の用紙に好きな文字やデザインを印刷して、Tシャツに転写するだけで簡単に出来上がります。業者が作るプロのものと違って耐久性に不安がありますので、そのあたりは注意しておきましょう。